小菱屋自慢 こだわりの製法


消泡剤無添加

小菱屋は、消泡剤の入っていないお豆腐も造っています。

なぜ消泡剤を使うのか
ニガリを入れる前に、豆乳の温度を100℃~110℃まで温度を上げます。このとき、豆乳に含まれるサポニンという成分が作用し、豆乳に気泡が含まれてしまいます。この気泡が豆乳の炊きむらの原因になり、いいお豆腐ができませんでした。
職人の技術と新しい製法により、消泡剤を使わずにおいしいお豆腐を造ることができました。もちろん保存料も使用していません。(消泡剤を入れて製造しているお豆腐もあります。)


↑このページの先頭へ

裏ごし製法

ふんわりとした食感

小菱屋のふわっとした「がんも」は、もめん豆腐を裏ごしする工程を入れています。
裏ごしをすることにより、きめ細かい舌ざわりと滑らかな食感を実現しました。おでんや煮物におすすめです。


↑このページの先頭へ

あぶらあげの製法

あぶらあげ

きつね色の「あげ」は、昔ながらの型箱による大豆熱変性方式を使い、「あげ」の中の身がしっかり詰まっています。にがり100パーセントで造った、身が詰まったあぶらあげです。


↑このページの先頭へ